二人で絵馬、手を繋いで展望台へ♪エンジェルロードのジンクス

恋人の聖地、エンジェルロード

「天使の散歩道」という別名を持ち、「道の真ん中で手を繋いだカップルは結ばれる」、「大切な人と渡ると願いが叶う」との噂で知られる恋人の聖地・エンジェルロード。
この道はいつでも自由に歩けるというわけではなく、1日2回の干潮時以外は海に沈んでしまいます。
時間になると海から浮かび上がってくる道、というのもロマンチックですよね。
全長約500メートルの砂州の道を取り囲むのは、360度見渡す限り続く瀬戸内の海。
その絶景ぶりから、エンジェルロードは数多くのテレビ番組で取り上げられ、ドラマ『ラブレター』や『八日目の蝉』のロケ地としても知られています。
たくさんのカップルが手を繋いで歩き、幸せな未来に思いを馳せたであろうエンジェルロード。
あなたは誰と一緒に歩きますか?

小豆島エンジェルロード周辺の観光情報はこちら

貝殻形の可愛い絵馬に願い事を

エンジェルロードの周辺一帯は公園として整備されており、観光協会直営の案内所や売店、無料駐車場などが設けられています。
その売店で購入できるのが貝殻型の可愛い絵馬。
公園内や近くの展望台にある絵馬用スペースには、観光客らが吊り下げたたくさんの絵馬が並んで風に揺られています。
やはり恋愛成就の願い事をする人が多いようですが「家内安全」や「大願成就」など、願掛けの内容は人それぞれ。
あなたもぜひ、エンジェルロードを訪れた記念に、可愛い絵馬に願い事を託してみてはいかがでしょうか。
すぐ近くにある小豆島国際ホテルの売店ではハート型の絵馬も販売されているので、お好みの形を選んでみてくださいね。

二人でエンジェルロードを見渡せる展望台へ

エンジェルロード近くの小高い丘にあるのが「約束の丘展望台」。
視点が高いため、何に遮られることもなくエンジェルロードと瀬戸内の海を一望できる人気スポットです。
ここから撮影した写真をネットに投稿する人も多く、今話題の「インスタ映え」写真を撮るにはイチオシのスポットと言えるでしょう。
展望台には幸せの鐘が設置されており、もちろん自由に鳴らすことが可能。
夕日に染まるエンジェルロードに鐘の音が響き渡るさまは、まさに幻想的の一言です。
大切な人と一緒にこの鐘を鳴らせば願いが叶うという噂も!
手を繋いで恋人の聖地・エンジェルロードを渡り、貝殻型の可愛い絵馬に願い事を託し、最後に「約束の丘展望台」で幸せの鐘を一緒に鳴らせば完璧ですね!
「約束の丘展望台」はエンジェルロードから階段を登ってすぐのところにあるので、エンジェルロードにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です